home
 下关港的优势


寿永 4年 (1185年) 源平两家在坛之浦开战,平家灭亡
庆长17年 (1612年) 宫本武藏和佐佐木小次郎在舟岛(严流岛)决斗
宽文12年 (1672年) 北前船就行于西部航路
明治16年 (1883年) 成为特别出口港,对韩贸易港
明治22年 (1889年) 赤间关市市制实施,港口称赤间关港
明治32年 (1899年) 被指定为一级港口
明治35年 (1902年) 市改名为下关市,港为下关港
明治38年 (1905年) 下关~釜山之间航线开航
明治40年 (1907年) 被指定为一级重要港湾
昭和 5 年 (1930年) 下关港第一期修筑工程完毕,东港区深水码头建成
昭和22年 (1947年) 下关港第二期修筑工程完毕,第一防波堤外贸码头建成
昭和24年 (1949年) 关门海峡清整完毕,发表关门港安全宣言
昭和26年 (1951年) 被指定为特定重要港湾
昭和34年 (1959年) 下关港第三期修筑工程完毕,第二防波堤工业码头建成
昭和37年 (1962年) 下关市成为下关港的港湾管理者及海岸管理者
昭和41年 (1966年) 福浦木材港建成
昭和45年 (1970年) 关釜轮渡开航
昭和46年 (1971年) 三九轮渡开航
昭和48年 (1973年) 细江码头建成
昭和48年 (1973年) 荒田码头建成
昭和53年 (1978年) 岬之町码头建成
昭和58年 (1983年) 关釜轮渡韩国船开航的同时,改为每日通航
昭和62年 (1987年) 引进粮食用装卸机械(轮胎式连动吊车)
昭和63年 (1988年) 下关港国际客运站竣工
昭和63年 (1988年) 关釜,釜关两轮渡实现每日运行
昭和63年 (1988年) 西山码头建成
昭和63年 (1988年) 引进粮食用装卸机械(链条式连动吊车)
平成元年 (1989年) 阿鲁卡埠头下关(东港区再开发事业)动工
平成 4 年 (1992年) 长府公共码头一期工程竣工
平成 4 年 (1992年) 岬之町集装箱站完成
平成 4 年 (1992年) 下关港首次集装箱定期航线开航
平成 6 年 (1994年) 由釜山转港,与中国,北美,欧洲实现通航
平成 6 年 (1994年) 下关港被指定为促进进口地区(FAZ)
平成 7 年 (1995年) 下关港在日本第一个实施海关年中无休体制
平成 7 年 (1995年) 新港地区海上人工岛动工
平成 8 年 (1996年) 向北美出口轮胎的定期航线开航
平成 8 年 (1996年) 山口县国际综合中心开馆
平成10年 (1998年) 日中轮渡开航
平成10年 (1998年) 东澳大利亚航线开航
平成10年 (1998年) 下关港第一次全集装箱船「MERRY STAR」入港
平成10年 (1998年) 文珠兰号就航于关釜轮渡航线
平成10年 (1998年) 巴布亚新几内亚航线编入东澳大利亚航线内
平成11年 (1999年) 下关港开港100周年
平成13年 (2001年) 青岛轮渡航线增加为每2周3航次
平成13年 (2001年) 下关市与韩国海洋水产部,关于继续发展下关港与釜山港的交流,协力,友好往来,扩大相互利益签署协议
平成13年 (2001年) 长府港随着关门港的扩建而开港
平成14年 (2002年) 岬之町码头悬臂式起重机装备完成
平成14年 (2002年) [星希]号就航于釜山~下关轮渡航线
平成14年 (2002年) 光阳集装箱航线开通
平成14年 (2002年) 日中集装箱航线开通
平成14年 (2002年) 日中轮渡增加为每周2航次
平成15年 (2003年) 马山集装箱航线开通
平成16年 (2004年) 外籍客船首次靠港(银影号)
平成16年 (2004年) 下关市与韩国集装箱埠头公团为促进韩国·光阳港的利用, 签署了相互协力的协议书
平成17年 (2005年) 旧下关市与旧丰浦郡四町合并,新的下关市诞生
平成17年 (2005年) 青岛轮渡航线增加为每周3航次
平成17年 (2005年) 上海轮渡航线开航


至网站地图 home