ホームページに戻る
 客船関係港湾施設 下関港国際ターミナル
下関港国際ターミナル写真
近隣の施設


 下関港国際ターミナル 下関港の中心的役割を担うポートエリアです。
 1988年(昭和63年)3月に完成した下関港国際ターミナルは、海と客船をイメージした建物です。この国際ターミナルは、CIQ施設などを完備した日本最初の外国航路用旅客ターミナルです。1階はフェリー貨物の荷捌地に、2階は乗船券の購入や税関・出入国手続き等を行う施設になっています。韓国や中国と行き来する人々で大変にぎわっており、2006年(平成18年)は約21万人が利用しました。

本港地区(下関港国際ターミナル)周辺の地図
地図をクリックすると大きく見れます。

国際ターミナルより 下関駅まで徒歩7分
シーモール(ショッピングセンター)まで徒歩5分
海峡ゆめタワー(高さ:153メートル)まで徒歩7分

ふ頭名 施設名 延長
(メートル)
水深
(メートル)
けい船能力
重量
トン数
船席数
細江 18号・19号岸壁 260 -7.5 5,000 2
20号・21号岸壁 370 -10.0 12,000 2
22号岸壁 213 -5.5 2,000 2

下関港国際ターミナル全景の写真
▲下関港国際ターミナル全景

下関港国際ターミナルの案内地図・クリックすると拡大表示
▲下関港国際ターミナル案内地図
地図をクリックすると大きく見れます。

下関港国際ターミナル駐車場のサイトはこちら。


客船関係港湾施設のトップページへ戻る

サイトマップへ ホームページへ