ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 Home > 下関港 > クルーズ客船 > 下関港情報 > 客船にっぽん丸の下関市民を対象にした取組を紹介します(関門クルーズ振興協議会)

客船にっぽん丸の下関市民を対象にした取組を紹介します(関門クルーズ振興協議会)

印刷用ページを表示する 更新日:2022年3月17日更新

本文

商船三井客船株式会社が運航する客船「にっぽん丸」による「北九州・下関市民クルーズ」を紹介します。(関門港クルーズ振興協議会)

内容等

市民クルーズに関するご質問等については、下記旅行取扱店までご連絡ください。

内容及び日程

門司から4泊5日の日程で舞鶴港(京都府)・小木港(新潟県佐渡島)を巡ります。

今回の北九州・下関市民クルーズでは、北九州市・下関市にお住まいの方は特別代金で乗船できます。

特典

今回の市民クルーズでは、対象市民の方々は約10%割引の特別料金で乗船できます。

詳しくは、客船にっぽん丸のホームページ<外部リンク>から確認ください。

客船「にっぽん丸」について

客船にっぽん丸の画像

総トン数 22,472トン

全長 166.65メートル

定員 532名

就航年 1990年​

客船にっぽん丸の新型コロナウイルス感染症対策

客船にっぽん丸では、以下の感染症対策を行っています。

  • 乗船前にPCR検査を実施します(PCR検査費用はクルーズ代金に含まれています)。
  • 乗船受付時にも検温と健康質問票を提出していただきます。
  • にっぽん丸の定員は532名ですが、当面の間、感染症対策に配慮した定員とします。
  • 対人距離を保つため、お客様に集まっていただく船内の食事や催し物などについては、内容変更や人数を制限します。
  • 乗組員は定期的なPCR検査の他、1日2度の検温、手洗いを実施します。
  • ドアノブや手すりなどの消毒を頻繁にする他、船内各所にアルコール消毒液を設置しています。
  • 全客室に空気洗浄機を設置しています。船内の空調には、送風装置に抗ウイルスフィルターと空調システム用殺菌灯を設置しています。

客船にっぽん丸の新型コロナウイルス感染症対策の詳細については、客船「にっぽん丸」新型コロナウイルス感染症対策についてのページ<外部リンク>を確認ください。

問合せ先

募集説明会・商品に関するお問合せ

 NTAトラベルシーモール下関支店(電話番号083-227-3144)

関門港クルーズ振興協議会に関するお問合せ

 関門港クルーズ振興協議会(事務局:下関市港湾局振興課 電話番号083-231-1277)

※当協議会は下関市、北九州市、一般社団法人下関観光コンベンション協会、一般社団法人北九州港振興協会で構成されており、関門港に寄港するクルーズ客船を利用した旅客等を対象とした観光資源の情報発信事業等を行い、関門港(下関港、北九州港)のクルーズ振興を行うことを目的としています。